• 成瀬 紫苑

小説本「〇〇からのオクリモノ」詳細

「〇〇からのオクリモノ」小説本詳細です。

2022/09/25文学フリマ大阪より販売します。


きれいな花のみ咲かせる傲慢な死神vs 最高ランクの種を宿す捻くれた人間

生物は皆、生まれながらに体内に種を宿す。日々の生活の中で種は成長し、最期に十人十色の花を咲かす。だが、未練や後悔といった負の感情を所持したままだときれいな花は咲かない。リストに記載された者の花を回収するのがリンたち死神の役目。人間は神に管理されている分際だからと傲慢な態度で仕事に取りかかるリンだが、最高ランクの種を前にして、初めて人間とはどういう生き物なのかと知ることになる。

※この物語はフィクションです。実在の人物、組織などとは一切関係ありません。


「〇〇からのオクリモノ」


B6サイズ二段組 260p/マットppカバー巻き/総文字数17万文字

扉絵&挿絵あり/しおり付き/¥1500(イベント価格)

収録作品:「凛からのオクリモノ」 「人間からのオクリモノ」


公式サイト: 〇〇からのオクリモノ

紙媒体版: BOOTH

電子版: Kindle



【 キャラクター紹介 】




【 本文サンプル 】



【 実物写真 】




以前販売していたA5本からの変更点は以下になります。

①本文の推敲

②扉絵&挿絵大量追加(36枚)

③カバー付きで長期保存向けの装丁

どれもB6本限定の完全保存版です。


物語のみ読みたい方は、エブリスタなどでも公開しております。(未推敲)


また、A5版は在庫限り価格を下げて販売しております。 BOOTH


カバーとしおりは、今まで使用してきた印刷会社の中でカラー印刷が一番きれいだと思ったところにお願いしております。

何度も推敲を重ね、公開している媒体で読みやすさは一番だと思いますので、ぜひお手に取ってくださいね。


公式サイト: 〇〇からのオクリモノ

紙媒体版: BOOTH

電子版: Kindle