• 成瀬 紫苑

小説本「人間裏街道」詳細

「人間裏街道」小説本詳細です。



「自殺願望のある女子高生が辿り着いた、現実逃避の為の裏世界————。」

八月一日、高校三年生のアリスは自ら命を絶とうと思い立つ。だが突如目の前に謎の少年が現れ、裏の世界、通称《裏街道》という場所に連れられることになる。裏街道は現実で嫌なことがあった人たちが逃避する為の暗闇と静寂に包まれた世界。そこの住民の目は黒い。人との関わりを避けてきたアリスも元々死を覚悟しているだけ、最後くらいはと物語の舞台に上がる覚悟を決める。天真爛漫で無邪気な少年メイ。冷静沈着で読書家の美青年ガラク。住民と接するうちに彼らがどんな過去を経て裏街道に来ることになったかが気になり始める。

※この物語は、自殺・暴力を助長、肯定するものではありません。

※一部残酷描写&暴力描写を含みます。

※登場する組織、人物、作品などは全て架空のフィクションです。



「人間裏街道」


B6サイズ二段組 180p/マットppカバー巻き/総文字数14万文字/扉絵あり/しおり付き

¥1000(イベント価格)

収録作品:「人間裏街道」


公式サイト: 人間裏街道

紙媒体版: BOOTH

電子版: Kindle



【 本文サンプル 】



【 実物写真 】



以前販売していたA5本からの変更点は以下になります。

①本文の大幅推敲(かなり読みやすくなっております)

②描き下ろし扉絵追加

カバー付きで長期保存向けの装丁

どれもB6本限定の完全保存版です。


物語のみ読みたい方は、エブリスタなどでも公開しております。(未推敲)



『人間裏街道』は他作品と違い、あえて挿絵は入れておりません。

文字ならではの面白さを楽しんでいただければ嬉しいです!


カバーとしおりは、今まで使用してきた印刷会社の中でカラー印刷が一番きれいだと思ったところにお願いしております。

何度も推敲を重ね、公開している媒体で読みやすさは一番だと思いますので、ぜひお手に取ってくださいね。


公式サイト: 人間裏街道

紙媒体版: BOOTH

電子版: Kindle