top of page
  • 執筆者の写真成瀬 紫苑

創作総括2023

年末なので毎年やってる振り返りです。


▼1月

文フリ京都&関コミ参加。新作「夢現の恋蛍」発行。文フリでは和装した。イベ参加後は本腰入れて「人間裏街道」制作。

▼2月

人裏デバッグ月間。メンタル崩壊。

▼3月

人裏公開。バグまみれでデバッグ月間ワンモアタイム。2月幻だった?名コミ参加。

▼4月

アートメイド参加。液タブ導入。デバッグ少し落ち着いた。気候の変化でダウン

▼5月

作品サイト構築開始。人裏おまけ制作開始。関コミ参加。

▼6月

コミコン参加。人裏おまけ制作。新作長編「星降る夜のキャンパス」執筆&公開。次作長編ゲゆるく制作開始

▼7月

短編ゲ「特別清掃部隊STOCK」制作&完成(??)

▼8月

STOCK公開。人裏本脱稿ほかイベ準備。立ち絵公開開始。

▼9月

コミティア&文フリ大阪参加。残暑でダウン。

▼10月

関コミ参加。作品サイト始動。星キャン執筆。後半メンタルダウン

▼11月

引っ越して環境適応月間。リクエスト色紙。

▼12月

星キャン完成。


記録用に過去記事を見返しながらザッと。

今年は567明けもあり私生活含め濃かったです。上記でも主な活動のみ上げてますが、特に印象的だったものをさらに振り返り。





■探索型微ホラーADV「人間裏街道」公開




今年はやっぱりこれが一番大きいです。昨年末にコケまくったので良いスタートダッシュきるぞ、と年始から潜って完成まで走り抜けました。公立高校卒業式3/1を公開日にしたかったことと、無限に湧くバグにメンタル崩壊したのでヤケクソで3/1に公開。直後からの実況に正直嬉しいよりも申し訳無さが上回りました。初心者切符で許されたい。


個人的にゲームの魅力が「プレイヤーの手で得られる情報量が変わり(探索)未来が変わる(マルチED)」点と、絵と文字に加えた「音響と演出」だと思ってて、せっかくゲームで形にするならこの2点には拘りたいと思ってました。なので「素敵なBGMを早く聴いて欲しい」と「この演出を形にしたい」という気持ちでモチベを上げてました。


公開以降は想像以上にたくさんプレイいただけて感謝しております。

※現在、ふりーむ!1700over、夢現350over、BOOTH 200over(以降数えるのをやめました)です。フォローや拍手、投げ銭など本当にありがとうございます。

▼ふりーむさんの「フリーゲーム・オブ・ザ・イヤー2023」に89位でランクインしてました。感謝!


設定資料集も出せて満足できる形で完結した!(パッケージ版はPCスペックと金銭面から諦めました。。)

壁打ち創作ですが、独りよがりでない自分の信じた作品はちゃんと見ていただけるんだと実感しました。

無謀なチャレンジだと思ってましたが、がむしゃらに足掻けばいつかは完成しますね。




■サスペンスホラーADV「特別清掃部隊STOCK」公開



ブログでも進捗残ってないほど勢いでできたものです。息抜きでしたが制作が楽しくて拘りがつまったものになったかと。ティラノフェスのお祭り感すごいですね!続編作りますよ。




■立ち絵素材の公開開始




ゲーム制作して思ったのが素材のありがたさでした。なので自分も何かと考えた結果、立ち絵を制作しました。気づけば6人!とりあえず来年、春キャラまでは公開します。




■新作長編「星降る夜のキャンパス」完成



ずっと大学生メイン×天文部の等身大の物語を形にしたかったんです。総文字数20万文字、執筆期間約半年。今までで一番長かった。まだ連載中ですが完結まで完成しております。

そして初の18禁。性描写に加え自傷、DV、犯罪描写が含まれます。少女系にしては不穏で官能系にしては物足りない青春ものです。これを読むと恋愛がしたくなくなると思います。




 



創作的な言い方をすると、

今年のテーマが【創作環境を変えること】でした。


・板タブ→液タブ

・Wix→WordPress製サイト(移行を止め2軒運営)

・引っ越し

・作業用椅子購入


ガラッと変わりました。何ならPCとソフト以外全て変わってます。環境の変化で(特に引っ越し前は)不安から体調やメンタル崩したりしましたが、思い切ったお陰で今ではかなり快適になりました。



昨年は仕事を変え、今年は環境を変えたことで新しい経験が増えました。

私生活でも色々あり、(詳細は割愛しますが)暗証番号やパスワード系は全部書き出しておくこと、言語が通じずとも会話の意思があれば仲良くなれること、など知りました。ゲーム制作ツールやWordPressいじったことでプログラミング面も少し知れたかな。




 



今年は、ゲーム・イベント・色紙・素材などから本当にたくさんの方に創作を見つけていただけた年になりました。私の知らないところで自創作の話なんて初めてで、見かけては歯痒い気持ちになってます(感謝)。


インフォにも書いておりますが、私は作者ではなく作品を見ていただきたくて壁打ち創作をしてます。この環境がとても居心地良く、今後もスタンスは変えずマイペースな創作を続けますので、気になった作品がありましたら覗いていただけると嬉しいです。去る者は追わず来る者は拒まず精神です。

壁打ちですが、応援してくださる方はちゃんと把握しておりますし感謝しております。特に作品を購入してくださる方には頭が上がりません。何者かわからない人間の創作にお金を払っていただけることって凄く有難いことだとしみじみ感じております。売上は全て創作活動に充てておりますので、感想などには作者の反応ではなく作品でお返しできるように活動続けようと思います。(Xだけは見えたものに反応するようにしてます)



ここでの目標が「昔考えていたキャラクターたちの人生を物語として完結まで形にすること」なので、来年も大きな目標は変わりません。

が、来年の振り返りの為に一応目標を掲げておきます。



今年は後半はゲ制をお休みしたので、来年は長編ゲーム新作作っていきます。

ダークファンタジーADV「死期の花」。タイトル初公開ですが、おやっと思った方がいらっしゃると嬉しい。今回も原作は完結済です。私の小説はある意味脚本です。せっかくゲームにするので原作知ってる方も楽しんでいただけるよう制作いたします。

公開予定は2025年春。来年中に公開出来たらすごいの気持ちです。ゲ制タグで進捗公開できることを目標にします。


あとは来年も完全新作長編は一本形にします。初のSF。変な科学者とロリが出てきます。ずっと形にしたかったキャラたち。今回は「科学」「近未来」を詰めた作品にしたいです。完成できますように!


あとは荒石姉弟ゲームの続編が出たらいいね。ティラノフェスに毎年一本ペースを考えてますが、長編優先なのと完全に私の気分なのでまだ何とも言えません…。



創作環境が整ったことで制作に時間を割きたく、別名義の活動もありで来年からイベント参加の回数を減らします。常連様には申し訳ない。その代わり一度のイベントで内容の濃い新作を出せるようにします。


現時点で以下を予定してます。

・9/8 文学フリマ大阪12 →「星降る夜のキャンパス」書籍版

・11/17 コミティア150 →40p前後の読切漫画

1月の文フリ京都以降、秋までイベントお休みしてがっつり制作期間に入る予定です。

イベント参加は刺激をいただけるので参加自体は続けていきたいです!




***




長くなりましたが、振り返りと抱負でした。


趣味的な話をすると、今年はずっとスポーツが面白かった。ずっと面白かった!野球はもちろん、男子バレーにハマるとは思ってませんでした。これも仕事を変えた影響です。人生行動してると何があるかわかりませんね。




今年はありがとうございました。来年も変わらず創作続けますので、気まぐれに覗いて頂けると励みになります。良いお年をお過ごしくださいませ。

Comments


bottom of page